出会い系サイトではなく不倫サイトを

不倫相手を探す時には出会い系サイトを利用するのではなく不倫サイトを利用しましょう。
出会い系サイトも少し前までは身体だけの割り切った関係を求める人が多く不倫相手を探すのにも苦労しなかったのですが、
出会い系サイトは以前に比べて健全なサイトになってしまいました。
利用者が増えエッチな目的以外の真面目な出会い、恋人や結婚相手を探すために出会い系サイトを利用する人が増えたのです。
不倫相手を探したい人にしてみれば、どれだけ誘っても恋人や結婚相手を探している人が不倫の相手をしてくれるとは
思いませんし、また逆にそんな相手を不倫にしてしまったら、相手から本気で好きになられてしまい

早く奥さんと別れて結婚して・・・・なんて迫られたら大変な事になってしまいます。
修羅場を避けるためには相手も割り切ったセックスを求める相手でなければいけません。
不倫サイトであれば相手も不倫相手を探しているケースが多くW不倫となるわけですが、
その方がお互いにバレたら困る関係ですから慎重になりますし、秘密を共通する事が出来るので上手くいくわけです。

そんな不倫サイトですが不倫サイトがあるのは日本だけではありません。
文化や思考が異なるので国によって不倫に対する概念に多少の違いがあるのかもしれませんが
今全世界で不倫サイトが存在する世の中なのです。男性は特にそうかもしれませんが、洋モノが好きだという人も少なくありませんよね。
女性の方も日本の男性よりも外国の男性の方が身体を鍛えているし、女性の扱いがレディーファーストがしっかりしていて
一緒にいて居心地がいい・・・・なんて思っている人もいるでしょう。

不倫もいよいよグローバル化の時代なのかもしれませんが、くれぐれも海外のサイトを利用する際にはウィルス等の
安全面で気を付けて下さいね。

不倫してもいい世の中に

価値観や常識は時代の流れとともに変化していくものです。
例えば離婚がそうです。昔は一度結婚するとどんなに失敗したと後悔しても離婚をする事なんて出来ませんでした。
ひたすら我慢して、不幸な人生を送るしかなかったわけです。
しかし現在は離婚をする人は珍しくなくなりました。もちろん結婚する時に離婚を考えている人はいませんが、

結婚に失敗したと思ったら離婚して人生をやり直すチャンスは与えられています。
同じように価値観の変化で言えば不倫がそうです。一昔前までは妻が夫以外の男性とセックスをする事は
罰せられる行為だったのです。しかし現在はそのような法律は存在しません。
もちろん不倫を推奨されてるわけではありませんし、夫にバレたら離婚されても文句を言う事は出来ませんが、

そろそろそんな価値観も変わってくるのかもしれません。
どう変わるのか?というと、セックスと愛情は別物だという認識です。
好きな相手だからセックスをするのではなく、身体の相性のいい相手とのセックスを楽しむという考え方です。
不倫サイトの利用や不倫を許せないという人はまだいると思いますが、では夫婦で共に不倫に対して寛容な考え方だったらどうでしょうか?

嘘をついて外出し不倫相手と会っているよりも、お互い不倫をしている事を承知して
お互い不倫相手とセックスを楽しみ、お互い様という気持ちがあるから不倫に対して罪悪感もなければ
相手にバレたらどうしようという不安も持たなくていい、そんな共存関係が築けた方が楽ですよね。

結婚相手の他にセックスをする相手がいるのが当たり前、近い将来そんな考え方になると不倫はもっと発展していきそうですね。

不倫に対する考え方の変化

今と昔とでは不倫に対する考え方が変化しています。
昔も不倫をテーマにしたドラマや小説は存在しましたが、その場合不倫の中に愛が描かれていたように思います。
親が決めた相手と結婚をしてしまったけれど、本当に愛している人は別にいて、その人との愛を貫くために
不倫をして2人で逃避行する・・・・・的な感じで不倫が扱われる事が多かったように思います。

しかし現在の不倫は愛している人と不倫をするわけではありません。
むしろ愛情はちゃんと妻にあり、不倫相手とは愛情がないセックスをするだけの関係なのです。
そのため妻を裏切っているという気持ちもありませんし、離婚をするつもりもありません。
日常生活は穏便なままで、陰で隠れて割り切ったセックスを楽しむのが不倫なのです。

もちろん中には不倫がバレて修羅場になり離婚に至るケースもあるでしょう。
いくら不倫相手との間に愛情はなく、本当に愛しているのは妻だけなんだと夫が言ったところでそれは妻にしてみれば
言い訳にしか聞こえずに不倫は夫の裏切り行為であり許せないと思う女性もまだ少なくないはずです。

しかしながら女性側も不倫に対してオープンになりつつあるのです。
夫がいない平日の昼間に不倫サイトで出会った若い男性とセックスをする、そのセックスは自分が女性として異性に求められる事に
喜びを感じる、平凡な毎日に彩を添えるものなのです。
夫も妻もそれぞれ不倫をしているのにお互いに気づいていない、そんな幸せな夫婦もいるかもしれませんし、
また夫婦が共通の趣味があり、スワッピングを楽しむ、世間的には健全だとは言えないかもしれませんが、
お互いに嘘を付き合って表面上は幸せに暮らすよりは本音を晒合うスワッピング夫婦の方が逆に健全なのかもしれません。

不倫は楽しまないと損

不倫は世間的には褒められる行為ではありません。
しかしながら罪悪感を抱えて不倫をするよりも、ふっきって不倫を楽しんだ方がいいと思いませんか?
不倫をする人はセックスに関して何らかの不満を抱えている人です。
欲求不満を抱えたまま我慢をして平穏な人生を歩むのか、それとも不倫をして楽しく平穏な人生を歩むのか
どちらがいいのかといえば当然ながら後者ですよね。

不倫は泥沼に陥る危険性があると思っている人もいるかもしれません。
確かに不倫サイト等を利用していて、不倫をしている事実がバレてしまったら、そしてパートナーが不倫に対して絶対に許す事が出来ないという
考えの持ち主だった場合は離婚に至るケースがあるかもしれませんが、しかし不倫がバレるケースは氷山の一角にすぎません。

あなたがあからさまな証拠や挙動不審な態度を取らずにいつも通りに振舞っていたら
そうそう相手も不倫をしていても気づかないはずです。
そして挙動不審な態度になってしまうのは不倫をしている事に罪悪感があり後ろめたさから
パートナーに妙に優しくなってみたりと、自ら不倫をしていると態度で表してしまっているからです。
罪悪感がなければ不倫もバレにくくなるのですから一石二鳥だと思いませんか?

またあなたは自分は不倫をしていてもパートナーは絶対に不倫をしていないと信じているのかもしれません。
しかしなぜそう断言できるのでしょうか?
あなたがセックスに不満を抱えているのであれば当然パートナーだってセックスに不満を抱えている可能性が
高く、あなたと同じように不倫をしようという考えになっても全く不思議はありませんよね。
ただそこで不倫をしているんじゃ・・・と疑ってかかればお互いが不幸になるだけです。

不倫サイトで不倫相手は見つけられる

AVでは不倫モノは人気があるジャンルの1つですが、よくある設定は同じマンションに住む熟女と大学生や職場の上司と部下など
身近な相手と不倫をしているという設定です。確かに現実でもそのような事があればいいのにと妄想を楽しむ分には
構いませんが実際に身近な相手と不倫をする事は非常にリスクが高いですよね。

身近な相手だからこそ夫や妻とも顔見知りになる可能性もあり何がきっかけになって不倫がバレてしまうか分からないからです。
不倫をしたいと思う人が増え、不倫に対してだいぶ寛容な世の中になってきたとはいってもやはり自分のパートナーが
不倫をしていたら拒否感を示す人の方が多いでしょう。子供がいたらそう簡単には離婚が出来ませんが、夫婦関係は冷めきったまま
仮面夫婦を演じて、子供が大きくなってから熟年離婚なんて事にもなりかねません。
不倫をするのはいいとしても、その不倫がパートナーにバレる事は絶対に阻止しなければいけないのです。

そのためお勧めしたいのは不倫サイトです。不倫サイトで相手を探せば相手はあなたにとって何の関わりもない人ですから
バレる確率が少なくなるわけです。それに最近は不倫相手を不倫サイトで探す人が増えてきていて、
不倫サイトなのに100万人以上の会員がいるサイトも珍しくありません。
そんなに大勢の人が不倫しているのと驚くのと同時に、自分だけじゃないという安心感ももらえるでしょう。

不倫サイトでは当然ながら不倫を肯定しています。これは某不倫サイトのトップページに書かれてあった言葉ですが
「一生の中で一回は不倫をしてみよう」という言葉です。
不倫をしない人生は勿体ない、不倫をする事であなたの人生は大きく変わる、そんなメッセージが込められているのです。

不倫サイトを利用する際の注意点について

不倫サイトを利用するという事は不倫をしたいと思っているという事、もしくはすでに不倫サイトで知り合った相手と
不倫関係をしているという事を意味しているわけですから、当然不倫サイトを利用している事を家族にバレてはいけません。
自分は携帯サイトで利用しているし、携帯は常に持ち歩いているから大丈夫と安心している人もいるかもしれません。
しかしあなたが気づかないだけで奥さんは携帯チェックをしているかもしれません。
一緒に暮らしているのですから、お風呂に入っている時や寝ている時、見られる可能性はゼロではありませんよね。
そして携帯にロックをかけていてもそれが誕生日だったり、あなたが銀行の暗証番号などパスワードによく使う数字というのは
当然奥さんであれば知っている可能性が高いですよね。携帯なら他人には見られる心配はなくても家族であれば見られる心配は
あるので携帯の中に証拠を残さないようにしましょう。

これは携帯だけでなくパソコンでも同じ事が言えます。不倫サイトの履歴を残していませんか?
あまりパソコンに詳しくない人であれば履歴だったり、自動ログインを気にしていないかもしれませんが、
削除したデータだって簡単に見る事が出来るのです。
自分の妻はそんな事はしないと思うかもしれませんが、どんな女性だって夫が浮気しているんじゃ・・・・と疑惑を持ったら
パソコンの履歴や携帯の中を見るぐらいの事はするでしょう。

不倫相手とホテルで会ってセックスをしている場面さえ見られなければ不倫はバレないのか?というと
残念ながらそうではありません。あなたが気づかないだけでたくさんの証拠が見つかっているかもしれません。
平穏な日常生活を壊さないためにも日頃から証拠を残さないように気を付けましょう。

不倫文化は世界共通?

「不倫は文化だ」という言葉を発してブーイングを受けた俳優がいましたが、その言葉を発したのが今だったら
ブーイングはあまり起きなかったかもしれませんね。そして不倫文化は何も日本特有のものではありません。
日本でも不倫をするには不倫サイトが人気ですが、海外にも日本の不倫サイトと同じようなサイトが存在するのです。
例えばカナダにはアシュレイマディソンというサイトがあります。日本は特にセックスレスになる夫婦が多いのですが
海外では夫婦間で仲良くセックスをしているのかと思いきややはり同じ相手とだけセックスをしていると飽きてしまうというのは
世界各国で共通する認識のようです。

アシュレイマディソンのサイトはとても人気があり、会員数はなんと100万人を突破しています。
この会員数は不倫サイトの中では世界トップクラスなのではないでしょうか?
日本でも出会い系サイトであれば100万人を突破するサイトもいくつもありますが、出会い系サイトが目的別に細分化された
専用サイト・不倫サイトではそこまで大きなサイトは存在せずに、中小規模のサイトが多数存在するという感じです。
もちろんそれでも十分に出会いがあり、不倫サイトとして事足りているので問題はないわけですが、
日本の不倫サイトを代表するのはこのサイトだ・・・・という感じで世界に誇るサイトがあってもいいいなとは思いますね。

不倫相手に望むもの

不倫をする事に対しては賛否両論でしょう。不倫をする人を理解出来ない、不倫をするなんて最低だと思っている人に対して
不倫をする事を認めさせる必要はないのです。不倫に対して否定的な人は自分が不倫をしなければいいだけの話で
不倫に対して賛成の人だけ不倫をすればいいわけです。

では不倫をする人は社会的な常識がない人なのか?というとそんな事もありませんし、
また不倫相手に望むものの第一位は社会的常識のある人と不倫をしたいと思うでしょう。
なぜか?というと不倫賛成論者であっても不倫が社会的に受け入れらていないわけですからバレたら困る、
不倫相手とだけの秘密の関係にしたいと思っているからです。

ですから不倫相手が不倫をしている事をオープンに周囲にもらしたり、またルールを守らずに
約束の時間外に連絡をしてきたり、職場に押しかけてくるような困った人では困るわけです。
なので不倫をする人=非常識というわけではなく、不倫をする人も常識のある人をみんな望んでいるのです。

そもそも不倫をする事=悪い事だとも限りません。ストレスを溜めてそのストレスで家族に暴力をふるう人や
ギャンブルに走る人、または妻に対して欲求不満を感じるからとそれだけの理由で妻子を捨てて離婚をする人。

それらの人と不倫をしているけど妻子を養い、家族として愛している人、どちらがまっとうで常識のある人なのかは
言うまでもありませんよね。不倫をするしないは常識の有り無しではなくむしろ価値観の違いでしかないのです。
そして不倫相手も相手が本気になってしまえば相手に辛い想いをさせてしまうわけですから、
そうならないようにお互いにW不倫だったり、恋愛感情のない割り切ったセックスを求める相手のみを不倫相手に選んでるわけですから
そうゆう意味でも不倫サイトは非常に不倫に適したサイトなのです。

効率よく相手を探すのなら不倫サイト

不倫をするためには自分だけが不倫をしたいと思っていても一人では出来ません。相手が必要です。
そしてその相手も誰でもいいわけではありません。不倫に対して否定的ではなく不倫をしてもいいと思っている相手で
なければいけませんよね。ではそんな相手をどうやって探すのか?というと真っ先に思い浮かべるのは出会い系サイトという
人も多いのではないでしょうか?確かに出会い系サイトはたくさんの人が出会いを求めて訪れるサイトなので
そのたくさんの人の中には不倫をしても構わないと思っている人だっているでしょう。

しかし出会いに対していろいろな目的を持って集まっているので中には真剣な出会いを求めている人、
結婚を前提に付き合いたいと思っている人、セックスだけの割り切った関係がOKでも援助交際目的で
お金が欲しくて利用している人も交じっています。
そうゆう人と出会い系サイトで知り合ってメールのやり取りをしていてもお互いに出会いの目的が違っているのですから
やり取りがスムーズにいくわけがありません。最終的にはこの人とは考え方が合わないという結論にたどり着くでしょう。
出会いに結びつかない出会いなんて意味がないですよね。
そんな無駄な時間を使わないためにどうしたらいいのかというと、不倫サイトを利用すればいいのです。
不倫サイトとは言葉通り不倫をする事を目的とした人が集まるサイトです。
不倫をする事が前提となったうえでの出会いですから最初のハードルをすでに飛び越えた状態です。
好みや会える時間や場所などの条件があるにしろ、他の出会い系サイトと比較すると格段にスムーズに相手と出会う事が
出来るサイトである事に間違いないでしょう。
不倫をしている事を後ろめたい、人に知られたくないと思っている場合でもサイトの中では匿名性が守られているので
ここでは安心して不倫をしたいとアピールしても構わないのです。

海外にも不倫サイトは存在する

不倫のドラマが高視聴率をとったり「昼顔」なんて言葉が生まれるなど今年は不倫に対する認識が変わった一年だったのでは
ないでしょうか?不倫というと何か特別な事だと思われがちでしたがそれが誰でもする可能性がある身近なものに
変わりつつあります。しかし身近なものと言ったところで日常生活の中ではそうそう不倫相手と運命的な出会いをする事なんて
ありませんから不倫相手と出会うのを待つのではなく、積極的に相手を探す必要があります。
そして不倫をしている事が周囲にバレたら大変な事になりますから秘密裏に探すとなると匿名性で相手を探す事が可能な
ネットを利用した出会いになるわけです。

不倫サイトもすごい数のサイトが存在します。それらのサイトを見ていると世の中にはこんなに不倫をしたい人で溢れているんだと
驚くかもしれませんが、好きな人がいて好きな人とのセックスだけで満足している人はとても幸せな事ですが、
みんながみんな満足できるとは限りません。そして同じ相手との繰り返しのセックスではマンネリ化して刺激が不足してしまうのも
事実です。好きな相手とセックスを理由に別れるつもりがないからこそ不倫をして欲求不満を解消するわけですから
単純に不倫が悪い事だとは言えないと思いませんか?

日本にいれは国内の不倫サイトしか利用する機会はないと思いますが、実はカナダにはアシュレイマディソンというとても
有名な不倫サイトが存在するのです。知名度が高く会員数は100万人に達しています。
不倫サイトと言えばこのサイトという代表的なサイトがなかなか国内にはなく会員は分散されがちなので、
アシュレイマディソンのような大手の信用出来る不倫サイトが日本国内にもあればいいなと思いますね。

1回のセックスで全てを判断することは難しい

不倫サイトで出会ったセフレと付き合い愛人になるかどうかは、セックスをした上で判断することになるでしょう。
もちろん、そこまで贅沢も言っていられないでしょうから、よっぽど不満がない限りは、付き合うことになるとは思います。

ただ、やっぱりセックスで満足ができなかったり、相性が全く合わないのであれば、さすがに付き合うのは難しいかもしれません。
いくら贅沢が言えないとは言っても、全くセックスで満足ができないのは辛いでしょうし、その状態では付き合ってもお互いのためにも良くないでしょうから。

一方で、1回のセックスだけでは全てを判断するのは難しいと思う人も多いでしょう。
1回目は今ひとつに感じても、何度かセックスをすることで、だんだんと楽しさや興奮を感じるようになり、最終的には相性抜群になるケースもあるからです。

それに、せっかくセフレになれるチャンスを得たわけですから、それを1回で安易に棒に振るのも勿体無いでしょう。
ですから、最低でも3回はセックスをして、それから判断をするのが望ましいかもしれません。

セフレとはいつ別れてもいいので、何度かセックスをした上でダメなら別れてもいいのです。

どんな人でもセフレは見つかるものです

不倫サイトでセフレが作れるような人は、ルックスが相当素晴らしかったり、経済力があるような人ばかりというイメージがあります。
しかし、実際にはそんなことは全くなく、セフレと付き合っている人は、至って普通の人が大半なのです。

セフレと付き合うためには、いかにお互いが満足してセックスができるか、そこが最も重要なのです。
逆にその条件さえ満たしているのであれば、あとの要素は対して重要ではないのです。
ルックスに自信がない人でも、経済力があるとは言えないような人でも、セフレと付き合うことはできるのです。

これが結婚ともなれば、ある程度の経済力なども求められるでしょうが、セフレの場合はセックスをする上で支障がないのであれば、正直無職でも問題ないのです。
ですから、フリーターやニートと呼ばれるような人ですら、実はセフレがいたりするのです。

まして、真面目に仕事をしているような人であれば、間違いなくセフレを作れるチャンスはあるのです。
なので、自信を持ってセフレを探せばいいと思います。

もちろん、セフレを作るための最低限の努力は必要ですし、積極的に行動をしていかないといけないので、何もせずにセフレが作れるわけではないので、そこは誤解しないようにしましょう。

セフレだと割り切って付き合っているつもりでも

私は、実はセフレの男性と付き合っています。
ただ、その一方で恋人として付き合っている彼氏もいるのです。
相手とは不倫サイトで出会いました。

恐らく周囲から見れば、二股だと思われてしまうかもしれませんが、私はあくまでも男性としてはセフレとして付き合っており、二股をかけているつもりは一切ありません。
現に、男性とはエッチ以外の時に出会ったことはありませんし、一緒にご飯を食べることはたまにありますが、デートをしたことは一度もありません。

ただ、いくら私がセフレだと割り切っているつもりでも、世間から見れば浮気をしていると言われても仕方がないかもしれません。
現に、彼氏にはバレないよう最善の注意を払っていますし、彼氏には絶対に言えるわけがありません。

もしセフレが全く悪いことでないのであれば、堂々と付き合えばいいでしょうし、もっと言えば彼氏にバレても問題ないはずです。
でも、それができないということは、やっぱり心の中でセフレというのは、禁断のお付き合いだという気持ちがあるのかもしれません。

むろん、そのような気持ちがあるにも関わらず付き合っているということは、それを上回る性欲や願望があるのだと思います。

恋人もセフレも大事にしたいなら

不倫サイトなどで、恋人とセフレの両方と付き合っている人にとっては、どちらも大事な存在だと言えるでしょう。
だからこそ、恋人もセフレも大事にしたいのであれば、セフレとはセックスだけの関係に留めるようにしましょう。

変にセフレと今以上の関係を持ってしまうと、セフレにとっても恋人もとっても決して良いことではないのです。
ですから、たとえセフレからさらなる関係を求められたとしても、そこはきっぱりと拒否するようにしましょう。
セフレのことを大事に思うなら、なおのこと今の関係を維持し続けらればならないのです。

これが、恋人がいないケースであれば話は別ですし、その場合は自分が納得すれば今以上の関係を求めてもいいでしょう。
でも、恋人がいる以上は、セフレとして付き合わなければならないのです。

もしセフレがしつこく関係を求めてくるようであれば、その時は別れるようにしましょう。
それが、自分のためでもセフレのためでも恋人のためでもあるのです。

逆に言えば、恋人がいる場合であっても、セックスをする時だけはしっかりと付き合ってあげるようにしましょう。
セックスの時ばかりは、お互い親密な関係にあるあけですから、ちゃんとセックスをしてあげるようにしましょう。

セフレは、割り切り関係ではあるものの、人同士の付き合いであることは事実なので、大事な関係であることに変わりはないのです。

焦らずに出会い系サイトを探していきましょう

すぐにでもセフレを作りたいがために、何も考えずに出会い系サイトに登録をしてしまうと、悪質サイトの思う壺になってしまう可能性があるのです。
出会い系サイトには、悪質なサイトがたくさんありますから、何の考えもなしに利用することほど、リスクが高いことはないのです。

ですから、早る気持ちも分かりますが、焦らずにじっくりと出会い系サイトを探すようにしましょう。
最低限、利用しても問題のない出会い系サイトを選ぶことが大事なのです。

不倫サイトの探し方ですが、検索で探す方法もあるのですが、検索の上位のサイトだからと言って安全なサイトとも言えないので、このやり方はあまり得策とは言えません。

また、オススメサイトを紹介しているようなホームページも、業者が作り上げたページの可能もあるので、多少の参考にはなりますが、こちらも信用しすぎるのは禁物です。

やっぱり、役に立つのは利用者の生の声であったり、実際に利用した人の評価や感想でしょう。
こちらは、ダメなサイトはしっかりと酷評していますし、素直に経験談が書かれているので、かなり参考になるのです。

ただ、どんな情報を参考にするにしても、結局は自分の目でしっかりと確かめて、自分自身で安全なサイトかどうかを判断しなければいけないのです。

また、悪質サイトに登録しないことも大事ですが、登録してしまった場合の対処法もしっかりと覚えておくようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ